2018年11月12日月曜日

ビューラーあなどれない!

ほぼ3年近くほっぽっていたブログですが、今後は美容関連を中心にポツポツとマイペースに更新していこうかな?などと考えております。

さて、タイトルのビューラーのお話になりますが、私は長く資生堂のビューラーを使用していました。「日本人の目にあわせて作った」と言われているので、特に疑問も持たず、ただ「まぶたの端が挟まるなー、痛いなー、端っこ持ち上がらないなー、ま、こんなものか」とずっと思っていたのです。

ところが!最近目の形で合うビューラーが違うことを小耳に挟み、調べてみたところ私のような丸目にはどうやらカーブの丸いビューラーが適しているということがわかりました。そこでカーブが丸いと言われるKOJIのカービングアイラッシュカーラーを購入してみたのです。

(使用感がお見苦しく、申し訳ありません)


上が資生堂、下がKOJIのビューラーのカーブの違いです。
比べると一目瞭然、KOJIのビューラーのほうが丸い目に合うのは納得。使ってみるとどうでしょう?

一発でまつげが上がりましたよー。まぶたの端が挟まることもなかったです。今までの苦労・痛みはなんだったのでしょう。お化粧し始めて20年以上経ってからわかるなんて、遅すぎですよね。しかし、ビューラーはあなどれないということをしっかと痛感しました。ビューラーは目の形に合ったものを。きちんと調べるって大事なことですね!